三寒四温。行きつ戻りつしながら暖かな毎日になる日本の春。寒い冬にじっと縮めていたカラダをのびのびと広げ、活動する季節。

枯れた草一面だった野原が緑色になるこの季節には、ワラビやゼンマイ、フキやタラの芽など「山菜」と呼ばれる青味が店頭に並びます。

青菜は冬には食べられなかった

今でこそ冬でもキュウリやピーマン、青菜にトマトまでがふんだんに手に入りますが、ちょっと昔ならば、寒い冬の間、私達日本人の食卓に並ぶのは、干したり塩漬けにした保存野菜しかありませんでした。

そんな時、春に芽吹く新芽は待ちに待った新鮮な緑色。新芽独特のアクを上手に取り除き、貴重な栄養源として、また春の大ご馳走として戴いていました。

香りがご馳走?それだけではありません。

この山菜、独特の香りが喜ばれますが、実は低カロリーで食物繊維が豊富。ビタミンやミネラルだって期待できます。アクと呼ばれる苦みが独特ですが、苦みの元は抗酸化作用の高い成分ですから、上手に使ってカラダを酸化ストレスから守る事も。また、お腹の働きを整える効果も期待できるようです。

食養生ではこの苦みが冬の間に溜まった老廃物をカラダの外に出すと考え、春のデトックスになくてはならない五味の1つと考えられています。

年中、新鮮な野菜を食べる事ができる現代ですが、それでも季節は冬から春へと移るに連れて、体調だって移り変わり・・・・新しい季節に適応しようとしています。

そんなカラダへ食べ物でちょっとサポート。それが山菜との付き合い方かもしれませんね。

苦みと上手にお付き合い。

これから大きく育とうというエネルギーを持つ山菜。でも、手間がかかりそうと思われるのかもしれませんが、店頭で並んだ山菜の内、フキやコゴミ、タラの芽、ウドは特別なものは使わずにアク抜きも手軽に出来ます。多めの塩を加えた熱湯でさっと茹で、冷水に放てば苦みはぐっと減り、サラダにも使える程に食べやすくなります。また、天ぷらや煮浸しなど、昔ながらの料理になりがちですが、以外なことにオリーブオイルとの相性が良いのです。

パスタに絡めたり、山菜とキノコを大蒜と唐辛子と炒めたり、塩茹でがしてあればさっと作れてしまいます。バーニャカウダにもおすすめです。

一年中、トマトもキュウリも手に入りますが、山菜は年に一度の春だけの出会いです。苦みと香りを満喫してみることをこの春試してみませんか?