妊活ごはん『ふたりでみおごはん』

妊娠するためには、まずカラダのコンディションを整えましょう。
美容液にパックをしてもピチピチするのはお肌だけです。これから赤ちゃんを望まれる方は、お肌よりも身体の中にこそアンチエイジングが必要です。

そのために効果的な食材を効果的な調理法を用いた料理で、日々の食卓を整える献立を提案しています。

食べることはとても大切で、あなたの身体の奥底へ低AGEsなお料理がじんわり確実に効くことは間違いなしです。

サプリメントに頼らず日々の食事をリセットすることは、妊娠に向けての取り組みに、きっと良い後押しとなりますよ!

 

『ふたりで みおごはん』のA.B.C

A

エイジングは身体の酸化が原因です。その酸化を防ぐには、低AGEsな食材を選びましょう。

低AGEsな食材

  • 未精白な穀物や粉(玄米、雑穀、全粒粉、そば粉)
  • てん菜糖
  • 白身魚
  • 野菜

高AGEsな食材

  • 純度の高い乳製品(生クリーム、バター、チーズ)
  • 脂肪分の多い肉類(牛カルビ、
  • 白砂糖

B

低AGEsな食材でも調理方法によってはAGEsは増加してしまいます。高温で炒めたり、焼き付けるのはAGEsが増え体内に蓄積され身体のエイジングをすすめてしまいます。

低AGEsな調理方法

  • 茹でる
  • 蒸す
  • 煮る

高AGEsな調理方法

  • 高温の油で炒める
  • 高温のオーブンで焼く

C

身体に良いものを食べていても、活動しなければAGEsの蓄積につながります。適度な運動をこころがけベストコンディションを目指しましょう。