*雑穀と木の実の中華おこわ*白の食材たっぷり鶏団子スープ*豆乳杏仁(1食あたり515kcal+デザート78kcal)

秋の食事ポイントは「白い食材」
秋は空気が乾燥し始め、呼吸器系のトラブルや肌のかさつきが気になる季節です。
身体を中から潤す「白」の食材で乾燥から身体を守りましょう。

レシピ分量は4人分、エネルギー表示は1人分

 

*雑穀と木の実の中華おこわ

330kcal2016秋おこわ

(材料)
米    150g
もち米  100g
発芽玄米 50g
甘栗   100g
松の実  大さじ2
銀杏   50g
ホタテ缶 40g
にんじん 1.5cm幅の輪切り1枚分
干し椎茸 3枚
・みりん      大さじ1
・醤油       大さじ1強
・オイスターソース 大さじ1
・だし       調味料と合わせて330cc
天盛り)三つ葉   適量

(作り方)
下準備
干し椎茸は戻して角切り、人参も角切り。
1.穀類を洗い、炊飯器の釜に入れる。
2.米のうえに木の実やホタテ、野菜の具を乗せる。
3.分量の調味料と出汁を加えて炊飯器にセットし、炊飯開始。炊き上がったら出来上がり。

 

*白の食材たっぷり!乾燥から身体を守る 鶏団子スープ

185kcal2016秋スープ

(材料)
鶏ミンチ  300g
塩     ふたつまみ
A酒    大さじ2
A山芋   5mm幅の輪切り1切れ分
A片栗粉  大さじ1
B白木耳  8g
B里芋   小さいもの5個
B白ネギ  1本分
B大根   2cmの2cmの輪切り1枚分
塩     小さじ1
醤油    少々
出し    700cc

(作り方)
下準備
山芋はすりおろす。白木耳は戻してから食べやすい大きさに切る。
里芋は皮をはぎ、半月切り。大根も皮をはぎ、いちょう切り。白ネギは斜め切り。
1.ボールに鶏ミンチを入れ、塩を加えたら粘り気が出るまでよくこねる。
(こねあがりの目安は、ボールの淵に脂が白く付きはじめ、肉がねっとりしてくるくらい)
2.1にAの材料を加え、さらによく混ぜ合わせる。
3.鍋に出汁を入れ、Bの材料を加えたら火にかける。
(冷たい出汁から野菜を加熱すると、野菜の旨味がよく出る)
4.野菜が柔らかくなったら2の鶏団子の種を丸めながら鍋に入れていく。
5.鶏団子に火が通ったら、調味料で味付けして出来上がり。

 

*杏仁で潤いのデザート 豆乳杏仁

78kcal2016秋豆乳杏仁

(材料)容量100ccの器7個分
豆乳    500cc
水     200cc
てんさい糖 40g
アガー   10g
アーモンドエッセンス 適量
A甜菜糖  大さじ6
A水    大さじ3
A八角   ひとかけら
天盛り)くこの実   適量

(作り方)
下準備
豆乳は常温に戻しておくか、人肌程度に温めておく。
1.シロップを作る。鍋にAの材料を入れ、火にかけます。甜菜糖が溶けたら粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。
2.甜菜糖とアガーを乾いた容器に入れ、よく混ぜ合わせる。
3.鍋に分量の水を入れ、ダマができないように2を加える。
4.3を火にかけ、アガーと甜菜糖が溶けたら豆乳を加える。沸騰させないように加熱し、アーモンドエッセンスを加えたら火からおろす。
5.器に4を入れ、冷蔵庫で冷やし固める。食べるときにお好みでシロップを。

 

『ふたりでみおごはん』