今月の献立 613kcal
+デザート 130kcal

『主食』

●五穀ご飯 (1人分 248kcal)
主食五穀ご飯
(材料)
米 2合
五穀Mix(市販) 大さじ2

(作り方)
1、米を普段通りに洗って、電気釜にセットする。水加減は普段と同じでOK。
2、五穀を茶漉しにいれて、さっと水で洗い、1の電気釜に加えて炊く。

『主菜』

●揚げ魚の南蛮漬け(1人241kcal)
揚げ魚の南蛮漬け
(材料) 2人分
生鮭(切り身)  2切れ
塩 適量
小麦粉 適量
揚げ油 適量
玉葱 中1/6
ピーマン 中1/4
赤パプリカ 中1/4
生姜 半片
白葱 適量
サニーレタス 2枚
*南蛮ダレ*
濃口 大さじ1と小さじ1
酢 大さじ2と小さじ1
みりん 大さじ1と小さじ1
出し 100cc
赤唐辛子 1/2本

(作り方)
1、魚に軽く塩を振る。
2、南蛮ダレの材料を鍋でひと煮立ちさせて冷ましておく。
3、玉葱、ピーマン、赤パプリカは薄くスライスする。生姜は千切りに切る。
4、3を冷めた南蛮ダレに漬け込む。
5、白葱は繊維にそって千切りにし水に浸しておく(白髪葱)。サニーレタスは適当な大きさに手でちぎる。
6、1の魚に小麦粉を薄く叩き、180度の油でカラッと揚げ、南蛮ダレに漬ける。全体にタレが絡まるように時々裏返しながら10分ほど漬ける。
7、皿にサニーレタスを広げ、6を盛りつけ、白髪葱をのせて出来上がり。

『副菜』

●青菜と茸の煮浸し (1人分 15kcal)
副菜青菜と茸の煮浸し
(材料) 2人分
小松菜 1/5袋
しめじ 1/4房
塩蔵わかめ ひとつまみ
出し 100cc
薄口 小さじ1
みりん 小さじ1

(作り方)
1、小松菜は洗って、さっと茹でて適当な長さに切る。
2、塩蔵わかめは塩を洗い流し、適当な大きさに切る。しめじは石づきを取る。
3、鍋に出しと調味料を入れてひと煮立ちさせて、2を入れる。材料に火が通ったら火からおろし粗熱をとり、1を漬け込む。

『副々菜』

●切干し大根の胡麻味噌和え(1人分 50kcal)
副々菜切干し大根のごま味噌和え
(材料) 2人分
切干し大根  ふたつかみ
胡瓜 1/5本
人参 中1/5本
あさり(冷凍) 6粒
* 白味噌小さじ1弱
* マヨネーズ小さじ2
* 白ごま(する) 適量

(作り方)
1、切干し大根は水で戻し、適当な長さに切って湯通しする。
2、胡瓜と人参は千切りにし、胡瓜は軽く塩(分量外)をし、人参はさっと茹でる。あさりもざっと湯通しする。
3、1と2を*の調味料で和えて出来上がり。

『汁』

●味噌汁 (1人分 59kcal)
汁物味噌汁
(材料)2人分
薩摩芋 中1/5本
ごぼう 適量
葱 適量
煮干し出汁 300cc
合わせ味噌 小さじ1と1/2

(作り方)
1、薩摩芋は食べやすい大きさに切り、ごぼうはささがき、葱は小口に切る。
2、鍋に煮干し出汁と薩摩芋、ごぼうを入れて火にかける。材料に火が通ったら、火を弱めて合わせ味噌を溶き、葱を入れて出来上がり。

『デザート』

●南瓜のぷりん (1人分 130kcal)
デザート南瓜のプリン
(材料)流し缶1個分(13cm×15cm)
南瓜(皮と種は除く) 350g
卵 3個
牛乳 300cc
生クリーム 150cc
コーンスターチ 大さじ2
砂糖 60g
ラム酒 少々
*カラメルソース*
砂糖 80g
水 大さじ2
熱湯

(作り方)
*オーブンは160℃に温めておく。
1、カラメルソースを作成。小鍋にカラメルソースの砂糖と水を入れて火にかけ、泡立って全体に焦げ色がついたら熱湯を注ぎ、少し煮詰めてから型に流す。(熱湯を入れるとき飛び跳ねるので注意)
2、ボウルにコーンスターチと砂糖を入れ、少量の牛乳(分量内)で溶かす。卵、生クリーム、ラム酒を加えて混ぜ合わせる。
3、南瓜を1cm位の厚さに切り、柔らかくなるまで茹で、茹で汁をきる。
4、3と残りの牛乳を一緒にミキサーにかける。
5、2と4を混ぜ合わせ、1の型に流し込む。
6、型より大きめのバットに湯を注ぎ、型を置き、オーブンで50〜60分蒸し焼きにする。

かぼちゃを食べて、免疫力を高めよう!!
かぼちゃは栄養成分を豊富に含む緑黄色野菜です。かぼちゃにはβ—カロチンが豊富で、抗発ガン性作用や免疫力をアップさせます。その他、カリウムも多く含み、ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。

赤ちゃんがヨロコブ取り分け離乳食

ゴックン期(5〜6ヶ月)のレシピ

●ママのお料理 揚げ魚の南蛮漬け →赤ちゃんのお料理 鮭のすり流し

1、加熱した鮭をすりつぶし、出汁でのばし、なめらかにする。
2、1を鍋に移し、少量の片栗粉でとろみをつける。
3、2を器に入れて出来上がり。
離乳食鮭1 離乳食鮭2 離乳食鮭完成2

●ママのお料理 味噌汁→赤ちゃんのお料理 さつま芋のマッシュ

1、芋を鍋にとり柔らかく煮て、すり鉢に入れてすりつぶす。
2、1を器に入れて出来上がり。
離乳食薩摩芋1 離乳食薩摩芋2 離乳食薩摩芋完成

●ママのお料理 青菜と茸の煮浸し→赤ちゃんのお料理 小松菜のピューレ

1、小松菜の葉を鍋に取り、昆布出汁で柔らかくなるまで煮る。
2、1を包丁で叩いてからすり鉢に入れ、すりつぶす。
3、なめらかになった2を器に入れて出来上がり。
離乳食小松菜1 離乳食小松菜2

取り分け離乳食の基本出汁をとろう!

*手早く出汁をとる*

■茶こしを使う
1人分の汁物、お浸しや和え物など少量の出汁が必要なときに便利。茶こしに削り節を入れ(5gくらいが目安)お湯を1カップ注ぐ。
■電子レンジを使う
昆布をつけたり、煮出したりする時間がないときに便利。耐熱のボウルに昆布5cm、削り節ひとつかみ、水2カップを入れてラップをふんわりかけ電子レンジ(600W)で3分間加熱して、ザルや茶こしでこす。
■お茶パックを使う
煮物の時などは、お茶パックに削り節を入れ、具と一緒に鍋に入れて煮る。

*野菜スープ*

(材料)
野菜(キャベツ、ジャガイモ、人参、玉ねぎ、南瓜など)
水 1000cc
1、野菜は小さく切って鍋に入れ、水を加えて弱火にかける。
2、ザルとボウルを重ねて、静かにこすと、野菜スープの出来上がり。約500ccの野菜スープが出来上がる。

*湯冷まし*

お水を沸かして冷ます。

取り分け離乳食のポイントは!

なんと言ってもママの食事が基本です。
ママの食事に南瓜や人参、大根、お芋を使ったお料理があると、とっても手軽に離乳食がつくれます。

注意!赤ちゃんは細菌への抵抗力が弱いので、調理を行う際には、衛生面に十分配慮してください。また、ハチミツや黒糖は乳児ボツリヌス症予防のため、満1才までは使用しないでください。

 

『今日からつくろう』みおごはん